副業にsoho

副業をやりたいという人が多いのは事実のようです。
副業をやるという発想は、以前の日本ではあまり聞かれませんでしたが、日本の社会が大きく変わり、経済の内容も目まぐるしく変わっていくうちに、
副業をやるという行動もメジャーになってきたようです。

昔の日本のサラリーマンは、終身雇用制がしっかりしていましたし、会社の仕事以外に仕事をするようなことは考えにくかった時代もありましたが、最近ではすべてが大きく異なっていますね。

副業を実際にやろうと思ったら、いろいろなところでどんな副業があるのか、どんな仕事があるのかを調べ、さらにどのようなことに気をつけないといけないのかもよく確認しないといけません。
そして、副業のことを調べていくと遭遇する言葉があります「soho」です。
sohoとは、在宅で仕事をすることを意味している言葉だと思って間違いないでしょう。
ただし、sohoという言葉が使われている場合は、副業というニュアンスを伴わない可能性があります。

sohoというと、家でしか仕事をしていない人たちのことを意味している可能性も高いからです(もちろん、家で副業をやっている人たちのことを差しているケースもありますが)。

sohoで、実際に家でしか仕事をしていない人たちは、会社組織に属していないため、在宅の仕事にかける意気込みも本格的です。
中には、会社を辞めて在宅の仕事に本格的に集中している人も少しはいます
……これは極端な例ですが、sohoをやっていてレベルが上がったら、在宅の仕事だけで生活できる可能性があることも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*