出産祝いの定番とはなにか

少子高齢化を世界のどこ国よりも早く迎えた日本。このままこの流れが続いてしまうと、人口激減は避けて通れず国力の低下をまねくのは一目瞭然です。それでも人口が増えれば望みはあるため、いつの時代でもそうですが子供へは様々な期待をしてしまうものです。将来の我が家をしょって立つ、日本や世界の人々に役立つために。親は様々な期待をしているのです。自分の子供はもちろんですが、同じくらい友達や親戚の子供には期待をしてしまうものです。そのような期待や祝いを込めて贈られるのが、出産祝いです。出産祝いといえば様々なものを思い浮かべます。個性的なものを送る人もいれば、実用的にヘビーローテーションできるものを送る人もいます。いったいあの家にはなにが喜ばれるのか、毎回その様な思いでお祝いを買いに行くわけですが、はたして出産祝いのもっとも定番である商品とは、いったいなんなのでしょうか。

実用的なものでいえば、やはりベビー服ではないでしょうか。肌着にはじまり、よだれかけやパジャマ、中にはブランド物の上下セットが送られてきたりして、何万円もするような贈り物も目にします。他には食器、寝具、おもちゃ、お風呂用品などなど、その種類は千差万別です。百貨店のベビーコーナーでは、そのような魅力的な出産祝いが多数取り揃えられているため、瞬時に決定するとこは難しく、毎回悩んだ末に購入してしまいます。当たり障りないものを定員さんに聞いたとしても、これまた定員さんを悩ませるのです。どのような家族で、性別はどちらで、何人目の子供なのか、様々な状況をヒアリングしなければならず、かといってヒアリングののちに良い答えが返ってくるわけでもありません。結局は手ごろな値段で当たり障りのないセットものをすすめられるのです。中にはものをあきらめ、お金だけですませる人もいますが、実はそれが一番喜ばれたりするのでしょうか。受け取るがわからすると、出産祝いは様々なつながりの方から山のように送られてきますので、正直誰が何をくれたかなどはいちいち覚えてないものです。それでも選ぶ方は、なんとしても喜んでもらおうと必死になって選んでいるものです。

個性的でめずらしいもの、ありきたりの定番すぎて印象の薄いもの、現実的な現金、メッセージなどなど、どれが一番その当事者を喜ばせるかなど、誰もしるよしはないのです。結局のところ出産祝いの定番といえば、自分の中の定番ということになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*